ラクレット

電車の中というのは、掌の中で収まる作業をするのに御誂え向きね。こんな寒い季節だから特にそう思わされる。

 

近頃は本気の冬すぎて何をするのも嫌だ。何と形容したら良いか決めかねるが、泣きそうな空気が外に充満していて皮膚を包み込むように刺すような、要するにゲボ寒い。何度もブログの冒頭で述べた通り冬は嫌いだ。余談だが最近『中央分離性感帯』というタイトルに自分でびっくりしちゃった。しかし無情にも会社に行かなくてはならない。

 

弊社はバレンタインデーという因習にとらわれているため義理チョコでも買いに行かなくてはならない。これが如何に憂鬱か、考えるにそう難くないと思うのでいっしょに考えてみてほしい。

一年に一度百貨店に赴く。近年チョコレート売り場でやれソフトクリームだのやれパフェだの売るもんだから人が多くて仕方ない。わたしだってもしそれで済むならまるしげで呼吸チョコを買って一粒一粒配り歩く逆虚無僧になりたかったのだがそうもいかない。ちゃんとした値段のチョコレートを買わざるを得ない。しかしながらお返しが呼吸チョコ×3粒だったりするんだよな。お前のパソコンの上で食うぞ。

 

マイドン会に参加した。開催場所がどう見てもマンションの一室だったため、誰か任侠道に励まれているのかと思ったがそういうことでも無いらしい。入ったら普通のワンルームにテーブルと椅子が並んでいた。いろんなレンタルスペースがある。なかなかご機嫌に大喜利させていただき、早くも次回開催を楽しみにしてしまった。最近始めた人、みんなが面白すぎることだけいただけないね。

 

恋のツキ6巻を漸く読んだ。つらい。

 

肌が治ったと思ったらまた病院に行かなくてはならなくなった。朝なんとなく目にコンタクトレンズを入れると、右目は理想の視界、左目はいつもと変わらず。コンタクトの度数は-6.5。視界が変わらないということは有り得ない。

仕事をぱぱっと済ませてかかりつけの眼科へ行った。誰もバレンタインの昼過ぎに眼を診てもらうことは無いらしく、1人きりだった。視力検査と眼圧検査(ぷしゅってされる、苦手)を受けた。裸眼の視力を15年ぶりに測られる。0.03。コンドームか。実際、一番でかいランドルト環を見えないと言った結果なので多分これ以上下が無いのだろうが実際0.01もあるかどうか怪しい。オカモトゼロワン。あ、両目とも異常無しでした。眼を大切に。

 

ミナミからキタヘ。緯度を上げる。今度はレディースクリニックだ。平たく言うと婦人科。ツイッターで書くのは憚られることを書くのがこのブログ。1年ぶりくらいに膣カンジダになってしまいました。下の唇がヒリヒリでね。誰もバレンタインの夕方から人に股座を見せつけたくないらしく、受付してからすぐに呼ばれた。推しの先生がいなく残念。処方箋含めて3000円近く飛んで憂鬱になった。

 

母の誕生日を迎えたので、実家へ。2月はバレンタインとこの日があるので財布に優しくない。

 

 

 

 

 

 

帽子屋

『自分の機嫌は自分で取らなければならない』なんと手垢の付いた言葉だろう、しかしながらこれほど大切で共感しうる言葉もそうそうにない。

 

実に退屈な体調の話題が続いて申し訳ないが、また肌の話だ。

腫れや赤みはひいたが今度は荒れがやってきた。忙しい皮膚である。顔にステロイドを塗るにあたってインターネットで色々調べていたところ、ステロイドで面皰が出来ることがあると書いてあった。3日間の投薬を終えた肌にまあまあ大量に発生したそれは思春期を彷彿とさせ、気分を害す。それだけならまだ容貌だけの問題に留まるのだが、治りかけの皮膚はうまく皮脂を分泌できていないらしく冬の乾いた風がこたえた。

辛抱堪らずまたも皮膚科に頭を下げた。受付に今月初めてなら保険証を提示しろと言われ、先週が1月末であったことを忘れていたわたしは「今月始めてじゃないです」と大嘘をつき受付の女性を混乱させる始末。

塗り薬と10日分の飲み薬を処方されて訳が分からなくなった。盛りの頃は3日分で、治りかけの頃は10日分とは何事だろうと。前の塗り薬が残っているのは使っていいのか、と尋ねようとしたところ“使って”辺りで「駄目です」と制された。制され料600円。

 

少し遡るが、前回フレンチトーストを食べに行った際にどうやらキャッシュカードを落としていた。ということに気づいたのが翌日の日曜日の昼過ぎである。

高槻で『叩き上げ』という大喜利会に光栄にもお呼ばれされたため、黒いマスクの下に面皰面とにやけ顔を隠して赴いた。そこでお茶でも買おうかと財布を開けたらなんとキャッシュカードだけ無いのである。すぐさま電話をしたら、5分くらいドロドロした保留音に不安を煽られながらもフレンチトーストの店の近くでお金を下ろしたその銀行で預かってくれているとのことだった。

その緊張と緩和が祟って大喜利の回答はロクなものではなかったが、会場近くのピラフも美味しかったし沢山アンケートも書いたしトータルでいい日だった。翌日も早いので途中で帰ってしまったことだけ申し訳ない。

 

さて冒頭の話に戻るのだが、顔に何か不調が起こるとメンタルに重大な影響を及ぼす。元々自分の顔に自信があるわけではないが、こうも荒れていると自信が途端に無くなってしまい、出勤ですら苦痛である。髪も伸びてきたが切りたくない。コールタールの海に自室を支配されたようなそんな気持ちになり、病院に行った日は直ぐに寝た。

起きた。9時だ。優雅に朝風呂を浴びながら洗濯機を働かせ、もらった薬を飲み塗り、カードを預かってくれている銀行へと行く準備を整える。化粧が出来ないのが辛いが、眼鏡を外してコンタクトレンズを入れると「そんなに大したことないじゃないか」という気分になり、お気に入りのスニーカーを履いて溜まっていたゴミも出した。本も一冊持って出た。

 

雨は歩いていると直ぐに止んだ、こうなると傘は邪魔だが雨よりかは良い。銀行で番号札をもらって大人しく待つ。先の男性が呼ばれた時にカバンを忘れていることを行員に指摘された時の「あちゃー」という顔。そのような小さいことが全て心の中にプラスとして加算され、ああ今ちいさい躁状態なのだなと思った。ディズニーのショートアニメが目に入り泣きそうにもなった。

 

無事に手続きを終え、阪堺電車に飛び乗り住吉へ。阪堺電車は2回くらいしか使ったことがないので乗る時にICカードのタッチを忘れ、更に降車ドアも分からず狭い一輌の電車を狼狽した挙句運転手に白手袋のみで案内されてしまった。屈辱だ。白手袋に「やれやれ」と書いてあったように思う。

 

みどりのひつじでカレーを食べた。喫茶店で出るカレーでは無いだろ、と一瞬で完食してしまった。おしゃれなカフェでカレーを一瞬で完食するのは恥ずかしい。壁際の席に座って良かった。

f:id:hozonno_hozonna:20190207001047j:image

ベリーのチーズタルトとコーヒー。サイフォンで淹れているらしい。普段50円の缶コーヒーしか飲んでないので明確に美味しかった。用意された席で本を読むこと2時間弱。

 

天王寺に戻りサンマルクカフェで作業。あの店で書きものをするのは何だか違うなと判断したため。したため認め。隣に泣いている男児とその母親がいて泣き声やだなあと思ってたら、母親の「パン食べる?」の一声で事態が収束。パンすごい。

 

最後まで天王寺はよくわかんないな、でもご機嫌にさせてもらった、いい街なんだろうな、梅田でうどんを啜り偉そうに帰宅。本を読み終える。何の本だったかというと『のほほん雑記帳/大槻ケンヂ』である。中学生時分には家にあった記憶があるのだが、わたしときたら一向に読了せず今まで来てしまったため今日一日で読み切ってしまおうと踏み切ったわけだ。切ってばっかりだな。エッセイを読むのが好きだ。そして驚くことに筆者がこれを著したのが26歳の頃だという。初版1992年。生まれ年。ぞぞっとした。

膝が流行って

今しがた電車に揺られているのだが、目の前の女の子が2人とも白のもっこもこのダウン着てて「何だか筋肉隆々みたいだな」と思ったら少し楽しかった。

まだまだ寒い日が続く。前回パニック丸出しのカルテをこちらに提出してから早3日、顔の方はほぼ治っている。赤みは少し残っているが、腫れや出来物の類は去っていった。嗚呼素晴らしき医療。困ったことに元来腫れぼったい顔なのでどこをもって完治として良いやら悩ましい。願わくばもうちょっと治ってくれ。

 

一足早く恵方巻きをいただいた。事務所に一人になったタイミングで今年の恵方どっちやったかいね、東と北がどういう割合やったっけ、とか回転椅子と共にコンパスを結成した結果ハサミを見つめて食べる次第となった。恵方とはいえハサミを見つめる節分が良い年になるのだろうか。よく考えたら一足早い時点でそんな真面目にやる必要は無かった。

 

ナカグチことダンジョンのTとわたしはとっても仲良しだ。彼はとても懐っこいので「カレーを食いに行こう」とこちらに合わせた誘い方をしてくれるのだが、かれこれ一年は反故にしてしまったのでURRAIグランプリお疲れ様の意味も兼ねて今日行ってきた。南田辺という駅で初めて降りたが駅のシャッターが可哀想なくらいひしゃげていて“危険”の紙が4枚貼ってあった。一頻りそれをいじりながら民家の中を抜けて行く。

ニモアルカモで孤独のグルメを見ながらおでんとカレーを食べた。カレーは茄子とズッキーニが入っていて、ご飯は玄米。胡麻が入っていて非常に香ばしくて美味しい、また上品。おでんも味がよくしゅんでいて箸で割るのも容易かった。ダンジョンのTが店主とチャイ作りの話で盛り上がっていて眩しい。

天王寺のめちゃくちゃ美味そうなフレンチトーストを食べたいと言ったら二つ返事で行こうと言ってくれた。井之頭五郎に別れを告げ次の地へテンポ良く向かう。ジャンブーカでブリュレの乗ったフレンチトーストを食べたが2人して美味しすぎて絶叫してしまった。6歳か。26歳か。意外とその後真剣な大喜利の話が出来て濃厚な時間が流れるなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダブルフォーカス

「なーんか顔がざらざらするな、ちょうどおメンス前やし荒れたんかな」と風呂上がりに顔を触ったのが昨日の朝。寒いとことあったかいとこを往復するとたちどころに冷えのぼせが起こるので、少々顔の熱いのは気にならなかった。

夜、顔が赤いことに気づく。赤いのは排水口とトイレ掃除に精を出していたからだろう、とは思ったのだが何やらまだらに赤い。色がアシンメトリーである。大抵紅潮というのは、右の頬が染まれば左の頬も染まるであろうものだが、右と左で3:7くらい違う。いつから地図めいてしまったのか。パックをして化粧をして外食に。

 

翌日顔がえらいこと腫れてしまった。本来通わない血液がかなり顔で渋滞しているのが鏡を見ずとも分かるほど。鏡を見ると見た目+10kgくらいになっていて笑った。しかしアレルギーの類が肌に出たことが無ければ心当たりも皆無なので鏡の中の赤ら顔のクソデブは存外悲しい笑みを浮かべていた。

4年前に背中のイボが破裂した案件でかかった大きめの皮膚科へ急ぐ。ほぼ開店ダッシュだったが、待合室は乳飲み子の阿鼻叫喚が複数響き渡る大惨事であった。他所の赤ん坊の泣き声を聞いて別の男児が「こうくん泣いちゃうの?」と母に尋ね、母が「泣かないで」と頼み込んでいておかしかった。黒マスクで伏し目で読むmeets。こういう時でもランチを何にするかは頭をフル回転させる。

 

「なーんかかぶれたような感じやね」とは医者の言葉。こっちは不安でたまらないってのになにわのお医者さんときたら大体死ぬほど気さくで力が抜ける。それは安心なのか脱力なのかわからないが。眠くなる薬は困るかどうか聞かれて、困ると答えたら朝は弱めの、夜は眠くなる飲み薬を処方された。あと1日3回の塗り薬も。塗り薬を処方されるのは膣カンジタ以来で久しい。3種類も処方されたのに膣カンジタの時のそれよりかなり安かった。ジェネリックと言って良かったなあ。

 

マクドナルドで明記するほどでもない朝飯を喰らい、先ほどの薬を飲んで塗って、色々悩んで電車に乗った。庄内へ。阪急は乗り慣れていないのでと言うと言い訳がましいのだが、違う電車に乗ってしまい蛍池まで行って気づいた。

シドミドでポークのスープカレーを食した。スープカレーでも何でもそうなのだが、ご飯とカレーが別盛りになっているカレーは途端に時間がかかってしまう。ほぼ情報を仕入れずに行ったのでキーマカレーという選択肢に大分苦しめられた。次はお前の番だよ。スープカレー美味しかった、アイスチャイも無論。

庄内駅前は万国旗が道にかけられてて景気が良かった。リサイクルショップで無意味に指輪を見たり。

 

溜まってる洗濯物をかたしたりしたら、母と弟が迎えに来た。銭湯に行く約束をしていたが、顔を見て一瞬で心配された。「顔ぱんぱんやんけ、あんま変わらんけどな!」くらいの毒は吐かれるかと思ったが予想はハズレ。タオルを忘れたことに湯船で気づく。

ご飯もそこで食べた。ランドセルの話になり、わたしが小3のとき買い直してもらったランドセルがフリマで2000円だったと聞いて爆笑してしまった。弟のランドセル(祖母が入学前に買った)が2万くらいと聞いて更に大きな声で笑った。笑わないといけない。

銭湯を後にして好きな喫茶店に誘導したら「値段だけの美味しさのケーキやったわ」と吐かれ、黙って欲しかった。

 

椅子取りゲームのヒストリー

とうとうカイロを解禁した。貼る方。ツイッターで「貼るカイロの方がマジョリティなのはおかしい、貼らないカイロは『貼らない』と明記しなくていいと思う」といった文を見て確かにその通りだと頷いた。寒さに本当に弱いので毎日貼る方も貼らない方も一枚ずつドローして出勤する。カイロが安い世の中で良かった。

 

実は先週三日間ほど体調が優れなかった。だいたい自分の風邪がどこからなのか判断はつくが、何ザブロックなどには手を出さない。最近の推し風邪薬はコフト顆粒。顆粒を服薬してるときのわたしが一番大人っぽい。

 

f:id:hozonno_hozonna:20190128212229j:image

美味しいお魚やお肉を好きな人と食べる機会。すり身さんとノディさん楽しい時間をありがとうございました。すり身さんに洗剤もらった。

 

URRAIグランプリに参加した。なかなか折り合いがつかなかったので、タッグじゃないURRAIグランプリはとてもとても久しぶりだった。京都は遠いが会場は駅から近かった。海老のビスクでパンを流し込み歩く。

久方ぶりにタイトルをいただけて嬉しい限り。最近始めた人は面白い人が多いからやっぱりかっこいいとこ見せたかったのよ。という張りはあったなあ。やりたいようにやってきただけ、只好きな服着て好きなことだけ、大胆で刺激的night&day。エルニーニョかっこいいね。セルフしがみは絶対にやらない主義なんだけど、「男らしさ」を出すお題であれだけ答えられたのは鉱脈だったなあと思う。

お片づけをほんのちょっとだけして、絶対に行きたかったカレー屋(ニコヨンカレー)に赴く。京都で一番好き。ニコヨンスペシャルにタンドリーチキンをトッピングしちゃった。

テンションが上がって、二条から三条へと場所を変え、鴨川沿いを歩くも寒くてすぐに止めた。寒さに本当に弱い。

 

 

満月病

冬将軍とやらがとうとう来たらしい。討ち取ってそいつのしゃれこうべで酒を飲んでやりたい。それくらい寒い。殺意。何が「冬はつとめて」か。表へ出ろ。火鉢を離れろ。わたしはホットカーペットと炬燵布団の隙間に戻らせてもらう。

 

専務に呼ばれたと思ったら「宇野ちゃん」だったらしい。そういうことは多々ある。というか同じ名字が周囲に何故か多い。学生時代やアルバイトをしていた時は全くこんなことは無かったのだが。そのツケが今、来ているのかもしれない。今は職場にはいないのだが、最大で4人同じ名字がいたこともある。1人は実弟だった。ただでさえややこしいのに何をしていたんだわたしは。

よく働いてくれる派遣の新人さんが社員になることになった。新年会の時にLINEを聞いたので飯に誘ったら絵文字が沢山ついたお返事をくれた。人に贔屓にされるのは嬉しいね。

 

早く仕事があがったので献血に向かった、前も書いたが実家近くなので無駄にハラハラする。今回400ml献血だったのだが、針を刺す人が愛想はいいがヘッタクソなおばさんだったため腕がアホほど痺れ、その後鬱血したりしてかなり不安になった。テレビを見ると「僕のヤバイ妻」の再放送が流れていた。こういう時血の気の多いサスペンスは不安を煽るので本当にやめていただきたい。未だ針を刺す瞬間を直視できないほどだ。只管謝ってくるおばさんに阪神大震災を覚えているかどうか訊かれた。覚えていないと返答。

 

すぐ帰っても風呂に入れない(献血後約2時間は空けないといけない)しなあ、寒いしなあ、大坂城公園を歩いた。入り口の水場は埋められ花が咲いていた。噴水の辺りにお店が出来すぎて下品。スタバそんないんのけ、悪態をつきながら歩く。がさがさした植込みもかなり剪定がされていて中に野良猫など潜んでなさそうな。完全に感傷に浸りながら口ずさむPicture Perfect。ラップパートで噛んだ。

 

確実に汚い川なのにいいにおいだと感じてしまうのはイカれてるのか。

 

 

六曜

とんでもない寒波が来るとかそういうことも業務連絡で回してほしい。非常に困る。まあ本当に重要な連絡も回ってこなかったりするのだが。

会社の新年会に行った。ロハで普段手が出ないええ値段の飯を食える良い機会である。舌鼓。それ以外はもう本当にダメだ。最近産まれたばかりの子供を見せられても全く何の感情も湧かない。母性がゼロだ。ほかの人妻たちはやれ可愛いだのだっこさせろだの、赤ん坊をパス回ししていた。ビビンバを食うことで回避。配偶者持ちのいいおっさんおばさんが酒の力でぬるぬるしてるのがキツすぎたが吐かず。

 

とってもいいスニーカーを買ったはいいが、一週間経たずで汚してしまった。シュークリームでシュー(shoe)にクリームってか。長く履きたいので風呂場で洗った。

 

アマ笑杯は本当に観に来てくださった方々に感謝の気持ちしかありません、我々はもっともっと邁進して参ります、などと美辞麗句を連ねておきます。このままで満足できないね。

 

近所のシュークリーム屋さんが美味しかった、店長の淑女が綺麗なロマンスグレーで良かった。