まやかし反逆消えた星

自粛粛々。家に居る時間が増えた、流石に。このわたくしめでさえも、おうち時間なるものを過ごした。春の部屋ひねもすのたりのたりかなといったところ。普通に日々の仕事で産まれた疲労というのもあるが。

 

パルボロイン仲口a.k.a.ダンジョンのTに唆されてサングラスを買った。3,300円の。niko and…の。これをきっかけに夏がすごく楽しみになったのと、これをきっかけに通販を今まで何となく緊急時以外で使わなかったのに結構頻繁に楽天とかAmazonとか見るようになった。お洋服とかも店で見るのとスマホで見るのではだいぶ購買意欲が違う気がする。やっぱり自分のお金がたくさん使えるのって良いな。

 

福満しげゆきの妻漫画がTwitterで毎日更新されているからそれを糧に生きている。妻可愛い。強い。

 

マグロをもらう定期イベントがあった、阪急OASISに持ち込みで捌いてもらおうと思ったら事前連絡が必要と言われる。しょげ。因みにどんなんですか?との声に顔を上げ、「マグロのカマです」と答えてしまった。カ、カマ!?と戸惑いの声。当然だ。マグロのカマがこんなきれいな四角であるわけがない。突然の幸福で語彙の判断が上手くいかなかった、そんな語彙ミスり女にも阪急OASISの人は優しく。神は阪急OASISに宿る。神と阪が近いと字面的にややこしいな。

ものの1分でブロックがお刺身用パックに包まれていた。発泡スチロールで出来た優しさ。「血合いの部分は唐揚げにしてください」みたいなことを4、5回は言われたが、そんなことができる人間はスーパーのお刺身捌きますコーナーなどに行かないのである。残り少ないマヨネーズを全部フライパンにぶちまけ、醤油とわさびで雑に味付けした。自分の感覚を過信しているきらいがある。料理ができてからにしてほしい。

実食。味が濃い。皿が臭い。刺身美味い。部屋が臭い。

 

母の日におしりマッサージ機をあげて、その翌々日に弟に誕生日プレゼントをあげた。1,500円の女物の腕時計をしていたのでそれよりかちょっとマシな腕時計を。あとトルクーヘンのチーズケーキをあげたが、トルクーヘンのチーズケーキをあげたことは後悔している。トルクーヘンのチーズケーキ美味しいね。

 

f:id:hozonno_hozonna:20200522195342j:image

中之島より愛を込めて。

 

いきおいだけでしゃべんな

※注意※この記事には外出表現が含まれます

 

なんてね。どういう予防線を張れば己が切り裂かれずに済むかそんなことで頭が満つる昨今。だって誰にも怒られたくないじゃない。それが人情(なさけ)ってもんじゃない。いつまで『恋のジャック・ナイフ』をウォークマンで延々リピートしているんだ?

 

現代人もすなるオンライン飲みといふものをわたしもしてみむとするなり。ていうかした。えりんぎちゃんにかなり会えてない、寂しいおうち遊びに行きたい飲もう、などの欲望を吐露したらZoom飲みをしない?との誘いがあった。えりんぎちゃんはとうにZoomを使いこなし家にいながらPC画面の前で界隈の仲仔(死語であってくれ)と酒を呷りあったりしていたらしい。相方がクソヘボ筋トレなどしている間に。

なのでえりんぎちゃん宅に行きよく見知ったメンツを数人誘ってぺろぺろになるまで酔った。ほろ酔いとそうでない酒を飲んだ気がする。後半よく覚えていないが気がつくと走っていた。終電で帰るってば最寄駅。

 

「早く帰れ」ってきっときっと優しさで言ってくれてるんだろうけど、あんまり連呼されると退勤後悪口パーチーでも開催されてるんじゃないかと思うわね。あなた方の方が早く出勤してるでしょうに。新人に任せてもいい仕事と任せたくない仕事があります。未熟者なので。

 

職場で不幸があり、その報告として事務員全員に集合がかかり、みんな専務の話に俯き、泣く人もいる中、右に倣えで目線を下げると両拇趾の付け根の部分が破れている靴が足元にあり、すぐに靴を買いに行った。この足の視聴率は高かったに違いないと恥じたからだ。

仕事用のスニーカーなのであまり見回らなくていいところが良い、茶屋町Stepへと穴の開いた足を向ける。途中自転車屋に寄り空気を入れてもらいコンディションこそ良かったが、ブレーキワイヤーが終わっているらしく「こんな自転車に乗るな、ASAPでワイヤーを換えろ」と言われたので近々そうしたい。7000円はそうそうぽんと出せない。

 

茶屋町Stepの近くに自転車を停めて店前を通りすがる、まだ入ってないのに、店員さんに同じ靴ありますよ、仕事用ですか、とお声がけいただく。流石Stepだ、もう心くらいは普通に読んでくる。25.5cmだと思って履いていた靴が25cmだった。adidasのスニーカーが好き。3000円ちょいはぽんと出せる。同じ靴なので特に高揚感とかは無い。退店。

 

大通りに戻ると高級パン屋さんがある。営業しているんだ、という驚きも少しあったし最近食パンをよく買うので思わず入店。ヒートテックの袋みたいなのに食パンが1枚入っていた。ついていけない。こんなのに食べ物が入っているわけがないだろ、と思って気まずくなりジャムの瓶に目を落とす。トーストがテイクアウトできるらしい。ピスタチオと小豆のジャムをあのヒートテック袋に入ったパンに半分ずつ塗ってもらった。気がついたら無かった。再訪する。今度はジャム無しで食う。

ここからうんこの話。DDハウスが開いていなかったらどうなっていたことかわからない。ありがとうDDハウス。

 

糞話休題。自転車で走り抜けた。運動が必要だ、と思ったので何となく大正辺りまでペダルを回した。途中まだ行けていない行きたいカレー屋と小さい映画館を通り過ぎた。タグボート初めて見た。小癪だった。

帰りは押して歩く。地図の通りに小さい道をまっすぐまっすぐ歩いたらいつの間にか知ってるところに着いていて不思議だった、ラブホテルの灯りで安心することになるとは。

 

 

朝帰りの準備と

なんと!驚くべきことに!ボーナスが!ありました!

 

こんなに見出し見出しするなんて下品。先週土曜日に「もしあるなら絶対今日だ、今日無ければ今回のボーナスはごめんなさいと頭を下げられるのだ…」と思って出社し、その日は就業中に船を漕ぐなアホとお小言を頂戴しただけだったので半ば諦めていたのだが、寸志という二つ名が付いてはいたがいただけた。次のボーナスは二つ名が無いといいな。

あと闇のシステムがありそれが全然普段のボーナスくらいのお金があったので個人的にはモーマンタイ。お仕事for you。お金無いと始まらんからね。

 

髪の毛がとても良い感じに伸びているのだがお披露目する機会が無い。Zoomとやらもなかなか手が出せずにいる。

1ヶ月前、美容院に行ったら推しの美容師さん(要望とかをめちゃくちゃ聞いてくれる、切ってる間は全く話しかけてこない、腕が良い)が担当してくれたのでウルフヘアーにしたいんやと伝えたところ、「今は長さが足りないので伸びてくるにつれウルフになっていく髪型にしますね」と言われ、その時は本当にそんなことができるのか???と思ったがそこは流石推しの美容師さん。なった。すごく外ハネしていて元気そうなウルフ。

 

フレンチトーストを作る情熱が滾った結果、料理を全然しないのに家にバニラエッセンスがある人間が誕生した。あとずっとなかったフライパンの蓋も買った。全ては美味しいフレンチトーストのために。余談だが絶対おいしいのが食べたいのでいつもちょっと良いパンを用いることで保険をかけている。

 

先述の勤務中ぎっちらぎっちら問題の解決策として仕事終わってからすぐ昼寝するようにしているのだが本当に、面白いくらいに、否全く面白くない、眠りが浅いため母か学校(主に小か中)が出てくる。何の罰か。ことわっておくが別に母親からは虐待を受けたり大喧嘩して勘当したりとかされたわけではない。そりが合わないの一点に尽きる。ありませんかそういうの。とにかく潜在意識の第何層目にいるのか知らないがこれらが出てくるとだいたいもう良い夢ではないので、起きざるを得なくなる。これだけのためにロボトミーを受けようかな。

 

すごく久しぶりにみんはややったら楽しい。自分が賢いと勘違いをさせてくれる。

 

めちゃくちゃ頑張って家の掃除した。家綺麗。人いない。狂保存2020。

浴室のコード

休日。なんばウォークで遊ぶ夢を見る。わたしにとってなんばウォークが外出の象徴であると言わんばかり。まあでも舞台とかなんば日本橋だし、遊ぶのもなんばやったりするからそらそうか。なんばウォーク歩きたい。寄り道して服見て「今買うと荷物増えるからなあ」って躊躇したい。なんばウォークは手段であり目的だ。さらに細かく言うと“イタリアントマトで脱法ハープ2人に会う”“広場のところで立ち止まったら歩く歩道になる裏技がある”みたいなほぼ願望みたいなディテールもあった。

 

順調にいけば生理前なのであるが、こんなこと書きたくはないのだが、目に見えて太ってきた。体重計が家にないので数字で確証を得た訳ではないが、“理解る“。ねじまきカギュー独特のルビ。これではいけないなと外出に踏み切った。目指すは西中島南方

 

f:id:hozonno_hozonna:20200416195933j:image

スパイスマジックシチミ、こんなときでないと食べにいけないので味わって食べた。洒落た情報量の多い店内は誰もいなかった。豚バラは辛く辛く。久方ぶりのスパイスカレーは本当に美味しく感ぜられた。生きていて良かった。

店を出てオソラカフェというところでイチゴミルクをテイクアウトするなど。思ったより甘くなく果肉がたくさん入ってて嬉しい味。

 

淀川沿は人が多かった。その殆どが小中学生、またその保護者と見受けられる人々。風が強かったからか一番多く行われていたのはキャッチボール、時点で野球だった。河川敷はグラウンドが多い。他にも中高生バスケ部と思しき化粧の濃い娘に隣でターンを決められたり、カイトを飛ばしている子供は全然楽しそうじゃなく周りの大人ばかり喜んでいたり、突如サックスのソロが聴こえてきたり、女は大体上投げが下手だったり、休日の群像劇だった。思ったより淀川は舗装されていて歩きやすい。

 

ここまで昨日の話。

今朝出勤したら全員分のタイムカードが無くて突然の別れかと思った。社長が作り忘れていたらしい。

 

 

 

 

ゆかりごはん

楽天で注文していたアイシャドウとマスクが届いた。アイシャドウは本当に可愛い。可愛いからパンパンに空気の入った袋3つを処理することも厭わない(割った時賃貸で出してはいけない大きさの音が出た)。4色のパレットを塗り分けるのだがこれがややこしい。ここに塗り方を書くと日常が塗り潰されてしまうので割愛するが、非常にややこしいのである。その手間を愛せよということか。ことか?

マスクに関しては「よく来てくれたな」という感想しか抱いていない。というかあれだけブログに書いておいてつけていくの2営業日連続で忘れちった。

 

出社したらお局(便宜上そう表すが普通に結婚をなさっている)がひと目見て非常に調子が悪そうだった。咳も出ている声が嗄れている、何より達筆のはずなのに至るところに文字の乱れが見受けられる。日付の抜けが4、5個あった。積極的に声を掛けたらトマトを5個お裾分けしてもらえた。どうぶつの森みたいな職場だ。

 

 

 

アンゼル蜂蜜

電車の中で、まるで絵本に出てくる象のような色(ブルーグレー?のかなり濃いめの)の婦人用鞄を見つけてテンションが上がった。可愛い。しかし、自分用に買うのならもう少し大きいのが良いななどという感想を持つ。

 

凡そ同期くらいの丁稚のおじさんが色々あって怒り狂って辞める宣言をして帰ってしまい、明日どうなるんだろうね、まあ前にもこんなことあったしな、と思いながらキンパ2切れを食べた。

 

コンプラのコの字もあったもんじゃない会社なので無論マスクの支給などはなく、マスク着用のお触書もなく、各自の判断に委ねられていた結果長らくノーマスクでまかり通させていただいてたのだが、宣言もあったしな、と今日からマスクを着け始めた。やはり慣れない。呼吸のたびに顔全体に、かかるわがこゝろなき溜息の。誰か情けに酌んでくれ。

しかしながら、情けなくも、“7〜8割の人間がマスクをしている状況“に於いて“マスクを着ける”ことがいかに自分を安心させるか。多数派は楽で居心地がいい。そこには自己の責任などは無い。自分の周りに人が沢山いるというのは、それだけでかけがえがなく感じてしまう。間違っていないのだ、という柔らかい大きな判を2つは押してもらったようなそういう頼もしい気分になるのだ。御高説拝聴有難うございました。

 

いざ実家へ。早めに来いと言われていたのにもかかわらず19時にただいまと抜かしたことについてのお小言が前菜。飯とコーヒーとロールケーキを食わしてくれるのなら安いもんで。昨日母と弟と祖母が墓参りに行ったらしく、写真を見せてもらう。それはそれは見事な桜が映っていたのだがiPhoneのLIVE PHOTOだったため祖母の声が一瞬入っており、しかもそれが「おれも死んだらあっこの墓入んのかね(祖母は石川の生まれなので一人称が“おれ”である)」で笑ってしまった。

あまりに笑っていたら弟の怪訝な顔が目に入る。割と志村けんの訃報などにちゃんとショックを受けているらしく、それに少しショックを受けた。わたしと弟は価値観というか根暗だけど人と話したりするのが嫌いじゃないところとか、そういう点であまり弟と大きく異なることはないのだろうなと思っていた、つまり弟のことも勝手に(表情の乏しさなどもあり)まあまあ冷淡人間だと踏んでいたのだがどうもそうではないらしい。すごいな。

 

車で送ってもらった。弟が助手席にいると楽。

誰かが乗りすてた車

いつになったらウォーターサーバーをお湯:水=1:3くらいの割合で使うことをやめることができるのかしら、お察しの通りブログ更新強化中です。

 

先日好物であるフレンチトーストを作ったら簡単なのにまあまあ自分の好みに近づけたのが嬉しくて、バターとか蜂蜜とか追加で買ってしまった。自分が分かりやすい。あとふらふらしてたらホットケーキミックスとかも買ってしまったので、もしかしたらもしかする。全部己で食わなきゃならんので考えて作らないといけないが。

 

緊急事態宣言されちゃった、ね。何のことはなく普通に仕事はあるのだが、ショッピング施設とかは軒並み1ヶ月は閉店する。びっくり。やらないけどそんな状態になった梅田とかなんばとかめちゃくちゃ歩いてみたい。きっとゴーストタウンみたいになってるんでしょ?27にもなってこういうのでワクワクしてちゃいけない。

 

店頭でマスクを買うという行為に諦めがついたので楽天で買った。まあまあふざけた値段だった。憂鬱なので、ビーアイドルのピンクのアイシャドウを買ってやった。“駆引きのピンク”という小癪な名前が付いていた。独り相撲のピンクになる可能性が高い。

 

上司に頼まれてマスクの型紙を印刷。こういうめんどくさいことをやっておくと後々評価とかに活きてくるんだよ。ちょっといいお菓子貰えたりするんだ。きっとそうだ。わたしはちょっといいお菓子を絶対に逃したくない。

 

周りの人を女体化させている間にTwitterは濁流の如く流れていく。みんな面白いこと思いつくね。