小銭

家にあるじゃがポックルが減らないので朝食に採用してみたところ腹持ちがよろしくなかった。咳が未だにちょくちょく出て喉も少し痛むので、マツモトキヨシが独自に出している喉のスプレーみたいなのを買ってしゅっしゅしている。龍角散ダイレクトも買った。

 

役立たずが1人いないから仕事がスムーズやわ、とは上司の話。ほぼ末端であるわたしは雑務を全部被ったりするのでなかなか平和ではない。「(お客さんじゃない人に)お茶出てるの?」って聞かれたときめちゃくちゃキレそうになったが、直属の上司がうまくフォローしてくれた。わたしが走り回らないと仕事も回らない。これは驕りではなく自負だし事実だ。

新人(3つ下の女の子)はまあまあ仕事覚えてくれたけどめっちゃ気がきくとかじゃないしお客さんの顔も全部把握はしていないのでまだまだだ。

 

イライラするので寝不足と生理前のホルモンバランスのせいにする。原因を体調とかのせいに出来ると楽だ。気持ちが。1人いないけど掃除にかかる時間変わんないねえ、上司の1人が言ってたのであんたが掃除毎日手伝ったらな、と心の中で返事した。

 

帰りにセブンイレブンで燃えよ唐辛子を初めて買った。ほっほほっほと言いながら喜んで食べた。

カボス

部下が今日付けで辞めることになってたらしい。今日知った。言われなきゃろくに上司に最後の挨拶もできないような奴だが、うちのお客さんの店(スーパー)で働くらしい。無論、そのお客さん含む全員はらはらしている。今朝はお茶を赤ピーマンの箱の上に零して放置していた。一生関わりたくない人間がまた増えた。

 

月に一度集金に行かなければいかないお客さんがいるのだが、それは事務員では行けないので現場の逞しい男性方を誰か1人つかまえてお願いしなければならない。しかも額は数百万の小切手なので、時間に余裕があり信頼できて逞しい男性でないといけないのだ。適任がいた。わたしの担当の営業だ。

担当の営業のおじさんは人見知りで最初は業務的なことでも全然話しかけてこなかったりしなかったのだが、もう2年くらい彼の担当をしているので少しずつ心の距離が縮まってきたように勝手に感じている。めちゃくちゃ毒を吐くときがあるが、可愛い。し、仕事に対してはすごくきっちりしていてわたしが手伝いましょうか?と声をかけても「大丈夫です」と丁寧に断られる(この辺り、信頼がないだけかもしれないが)。期待通り営業のおじさんはすぐに行ってすぐに小切手を回収してくれた。ありがとうございます。

 

黙々と請求書作ったり提案書FAX送ったりいつもの仕事をした。部下は挨拶に来なかった。

島らっきょう

トネガワの3〜5を買った。目の前にホワイトボードがあったのでどうせ誰も見てないしたくさん知ってる人を書いた。

f:id:hozonno_hozonna:20170619235743j:image

f:id:hozonno_hozonna:20170619235747j:image

f:id:hozonno_hozonna:20170619235749j:image

f:id:hozonno_hozonna:20170619235751j:image

森林Y

朝9時頃目が覚め、強烈に喉が渇いていることとまだあと一回分薬を飲まなければいけないことに気づき乱暴に朝食を摂った。少し余裕があったので部屋の片付けを軽く行った。

夜中に8/19の東京の大喜利千景3on3に出ませんか、とDMが来ていた。誰からか?田野さんだ。

 

田野さんだ。(はてブの色替え機能とか使ってみたかったの)泣く泣く仕事の都合で断らざるを得なかったが、惜しいことをした。ツイッターを見たら嬉しいことを書いてくださっていたのでスクショを撮った。何とでも言うがいい。

なんてことを書いていたら知らないおっさんに「この電車は新大阪止まり」と教えられた。おっさんがいなくてもきちんと電車に乗れるようになりたい。

 

第2回北摂大喜利会だった。この日はノーマルの大喜利、ガヤ誘導大喜利、プロト北摂トーナメントの3種類の大喜利が行われた。永久保存が永久保存のウケや回答の話をしてもと思うので自分のことについては割愛する。

この日はメモを持って行ってなかったのでちゃんと思い出せないが『100人の孫を持つおじいちゃんあるある』というお題での神聖な大木さんの「100人が誰も手をつけないおかずがあったが、爺さんが「婆さん、ワシはこれ好きじゃよ」と言って後日1人で食べる」が心温まる回答で良かった。

『思春期のクレヨンしんちゃん「○○○」』は自分がやったのだが、隣で脳髄筋肉さんがバカみたいにウケていて「マサオくんを自然な感じでハブるゾ」は普通に笑ってしまった。

ゴジラの恩返しってどんなの?』でのぷるーとさんの「2万円くれる」っていう回答が他がスケールの大きい回答が多かっただけに笑った。他にも『深夜バス、狭いし揺れるけどまた乗りたい。何で?』での「大阪〜東京が9秒半」もめちゃくちゃウケていた。揺れるとかの話じゃないだろ。

仲人さんだーさんがこの日めちゃくちゃアドレナリン出てた(本人ツイッター談)らしく、優勝ではないがMVPに選ばれていた。『出木杉くんが主役のドラえもんのスピンオフってどんなの?』での「床にどこでもドアを寝かせて付けて、天井から出てくるようにして、延々と続けて段々それを速くしていくっていうTASみたいなことしてる」に頭いいからなぁ〜!っていうガヤを送ったりして楽しかった。

『お笑い評論家気取りが言いそうなこと』というお題でまさかのゴハさんとCRYさんという面子。奇跡。ゴハさんが絶え間なく活き活きとペンを動かしていて馬渕教室とかの子供みたいだった。終始ひどい。ゴハさんは『2017年の桃太郎』での「鬼を倒そうとする桃太郎たち、桃太郎たちを倒そうとする鬼、全然関係ないSEALDs」がめちゃくちゃ面白くて優勝した。タイガーバームガーデン堀さんの「めちゃくちゃ大きいのに甘い桃」も良かったけどなあ。今更だけど回答は全てニュアンスです。

 

終わって打ち上げ行こうとはしたもの懐が寂しく、かといってすぐに電車に乗るのも寂しかったので江坂から東三国まで歩いた。わくわくした。

 

 

アズノール

6/13に声がかすれ始め、6/14に生まれて初めて声が出なくなった。どんだけ搾り出そうとしても呼気が気管を通る音しか出せない。突然声が出なくなると人はめちゃくちゃ焦る。すぐに病院に行った。

かかりつけの内科では話が異常に遅い先生に診てもらった。テンポが遅いというより、休符がめちゃくちゃ多い感じ。合奏曲のシンバルの譜面か。相槌が打てないので会話がうまいこといかず非常に狼狽した。熱も痰もないので流感ではない、正直わかんないから鎮痛剤とかは出すけど詳しくは耳鼻科行けといったようなことを言われた。

薬を3種類も一度に処方されたのは初めてだ。それに加え更にトローチをもらった。と言ってもあめちゃんみたいにレロレロ舐めていいものではなく上唇と歯茎の間に挟んでおくもので(実際苦くてとても舌の上に置けたものではない)しかも有効成分が青いため気がつくと歯が青紫になっている。こんな生活嫌だ。

 

職場では「ダンシングオールナイトって言って」「森進一のモノマネやって」「変声期なんじゃない?」「酒焼け」などやや年代のずれたものから普通にイジってきてるものなど様々な批評があった。批評でもないか。内線に出ると「誰だよお前」と言われた。切るぞ。

 

うちの営業は比較的きっちりしていて数日前の仕入れの数が実は間違ってたなんてことはほぼほぼないのだが一昨日と今日で2件あった。文句こそ言わないがやや面倒くさい。

請求書作成やら入金入力やら、任せられてることは細かいことが多い。

 

数日前『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』という本をぱらっと立ち読みした。わたしの文章の書き方のルーツはさくらももこのエッセイだということがわかりとても腑に落ちた。

 

 

ロシアンビューティー

5/30で更新が止まってしまっていた。あんまり何でもホルモンのせいにしてしまいたくはないのだが、大きく体調やモチベーションに起因してしまうのが事実なのであって。言い訳がましい。女々しい。子宮さえ無ければ。

 

6月が始まってから割とバタバタしていた。直近3日が。童貞緊縛師、村橋ステムさんのイベント、ロックバンドを組もうぜ(ゴハさんすり身さん)のハッスルわいどが7日8日9日と連続した。重ならなくて良かった。光栄なことにどれもお呼ばれだったのでずっとへらへらしていた。イベントがあるときの方が逆に生活リズムがしっかりするわたしはカッコつけ。

 

人を好きになっても(恋愛的な意味ではなく)どうせ自分は数年もあれば執着が無くなってしまうんだろうなと思いながら人と交流している。自分への諦念は尽きない。本当は優しくもないいい人でもないのにさも人格者かのように振舞ってしまうのである。まあ数年付き合ってたらすぐボロが出るのだが。

真っ当になりたい。無理だ。

イヤホンジャック

最近イラストロジック(ピクロスとも言うね)の本を買ってしまい、家で3時間くらい睡眠時間を犠牲にしてひたすら取り組んでいる。やめたい。適当なところでやめられるようになりたい。過集中というか「やめたくない!やめたくない!」と思いながらやっている。それがつまり過集中か。

 

 部下が最近勢いを増して仕事ができなくなっており、特に急いでないお客さんのお釣りを渡し間違えたりコーヒーを抽出する機械に容器をセットしていなかったため事務所の一角をカフェインまみれにしたりしやがった。なんかもう謝りもしないので8月と言わず前倒しで辞めてもらっていい気がする。

一方で新人(若い女)は仕事をスイスイ覚え、もう部下の業務スピードを超えていた。我々は部下の時に比べて「これは言わなくてもやってくれるんだ…!」という喜びが多すぎていちいち喜んだ。おかしくなっている。

 

終わって黒岩伽哩に行こう!と思って日本橋に来たところで休みだということに気がついた。黒岩伽哩常連として恥ずかしい。

 

f:id:hozonno_hozonna:20170531165831j:image

代わりというわけじゃないが前から食べたかったあるかアるかのパスタランチを食べた。17時までランチをやってるのは遅めランチ難民にとってありがたい。カリン様にも会えたし。

 

そこから足を伸ばして太平のゆに行った。市場から市場へと行ったわけだ。今朝起きて朝の支度をしている時から「今日は仕事が終わったら岩盤浴に行こう!」と決めていた。お風呂セットも通勤カバンに入れ、道すがら100円自販機でよく分からないスポーツドリンクのようなものを買い準備は万端だった。普段は岩盤浴に行く時は決まってスパワールドなのだが、岩盤浴+入浴の料金が安いのもあってそこにした。

 

入ってからというもの漫画ばかり読んでしまった。ナナとカオルを読んで妙な気持ちになり、僕のヒーローアカデミアを読んでめっちゃ面白いな全巻欲しいなという欲を抱き、トモダチゲームを読んで邪悪な気持ちでいっぱいになった。一昨日肥後橋アワーズルームでミスミソウの上を読んでからまだあまり気持ちが切り替えられていない。

 

平日だったからか岩盤浴も大浴場も人が少なく非常にゆったりと過ごした。蓬の湯に入ったら肌がツルツルになった。夜だったので露天風呂にはピンクのライトアップが施されており、和風のセットにあまりそぐわなかったがそれはそれは都会の喧騒の中で幻想的だった。