車が出ます

f:id:hozonno_hozonna:20190407122658g:image

気分が良すぎて『春望』で始めてしまった。春真っ盛りだ。幸いスギ花粉は飛沫しきったようで、そしてこの身体はヒノキ花粉を敵とは見なしていないようで、特にどこも痒くなく、快活。関係ないが保湿など頑張っているので肌の調子も良い。食生活が終わっているのに。

 

木金土と、直属の上司が忌引きで実家の方に帰ってしまった。人はいずれ死ぬ、それは仕方ないのだが、弊社は人が1人抜けるとカバーに尋常でない労力を必要とする。あと“直属の上司”なので、最も影響が甚大なのは他でもないこのわたしである。これは自信を持って言える、伊達に6年弱勤続してないぞ。

そんなわけで普段より1時間早く出勤して(それでもお局たちにカバーしてもらうことは多かったが)普段全く我々の業務をしない社長や経理のおばさんの細かいミスを全部フォローしなければならなかった。持ちつ持たれつ。近年稀に見る早寝のおかげで特にしんどいとかはあまり無かった、もしかして睡眠って大事?とにかくこれで新幹線逃し事件で潰れた名誉は挽回出来たと思いたい。

 

「18時半に終わった割にあんま疲れてへんわ、タフやな笑」とか思ってたらカップ焼きそば食べて気絶しちゃった。そのまま朝。一瞬4時に目覚めた自分に畏怖。いやいや、と思ってもう一度寝たら気持ちの悪い夢を見た。上本町からさらに南に自転車で行くと大きな渓谷になっていて、キンチョールのCMのような完成度の低い女の河童と仲良くなり、沢山いる猫に引っ掻かれまくった。痛みが鋭くて参った。幸い無傷で8時半に起床。喉が渇いたため。

 

風呂に入ってでら粧し込む。今日は男らしい格好しちゃお、と思っていたので短パンなんか履いちゃって。26歳女。そういう時は最近髪の毛にちゃんとワックスをつけている。使い方あんま分かんないけど。イヤリングつけたら途端に顔がバブリーになって困った。

行こうと思っていたスイーツショップが今日はクローズドで、ツイッターで何故それを確認しない?など自責の声も響く脳をこれから見るであろう景色で塗りつぶす。段取りがうまく行かなかった時に機嫌を異常に損なってしまうのは先天性の病気のせいだ。

公園は案の定グローバルに富んだ面と言葉で情報量が多かったが、見回してもそのだいたいが2人以上でつるんでいた。1人でいるのはもしかして変な奴に映るのか、とも思ったがそこはグローバルに考えて欲しい。どうせその辺歩いてるシナ公も白んぼも金輪際会わないんだから。

 

f:id:hozonno_hozonna:20190407133324j:image

きれかったよ。隣でおっさん2人が世知辛い話を口角泡飛ばしながらしていた、そんなことは気にも留めないから花はきれいね。隣にスケッチをしているおっさんもいて、桜など写生しているのかしらんと覗き込んだら天守閣でがっかりした。今ちゃうやろ。

花見をそこそこに空腹が気になった。歩行者が溢れんばかりの公園を自転車で歩いていたら後ろから「危ないよ」と金輪際会わない人の声がしたが、いや危ないん自分やろ、と思いながら無視して歩行を続行。憂さ晴らしに全然関係ない肥満のロリータの女を睨んでしまった。

噴水近くに出来た不審なパン屋で20分並ぶ。考えてみてほしい、あなたはパン屋に20分並んだことがあるだろうか。無いと思う、わたしも初めて並んだ。途中後ろに並んでた女児に3回ほど太股をなぜられた。すべすべだろう。誇らしい。これを書きつつ塩パンと小さいホットドッグを胃に入れた。

 

娘とツーショットを撮り、その後夫とのツーショットを娘に撮らせる完璧な家族を見て、すぐさま自転車に跨った。ここにいてはならない、そんな気さえした。次の行き先はアメリカ村だ。大阪城公園から上本町方面に向かう坂が懐かしい。渓谷は無かったが自転車屋さんがあったので空気を入れてもらった。セルフでもできるぞ、と息巻いて店員さんに声を掛けたら全部やってくださった。自転車屋さんにしては愛想も良い。谷六のてるてるありがとう。途中治安の悪い地域を通ったとき、水商売の女が散歩させていた子犬4匹を見て「うわ、わんころぎょうさん」と言って驚きつつ手を振る厳ついおじさんを見た。あざといぞ。

 

所狭しとタピオカドリンク屋さんが並ぶ。人も多い。ビッグステップにパウダールームがあることを今日初めて知った。涼しかった。ちょっと自転車を降りて知ってる古着屋さんに入る、案の定ワンピースなど欲しくなるがぐっと堪えて退散。お金が本当に無い。何度か「飯全部奢ってくれ」とツイートしそうになったことがあるが、本気のパパ活だしもうパパとか言ってる歳でもないし売る春もないので思うだけに留めた。えらい。行ったことない古着屋さんは4階にあって一苦労だった。ニホンネコ、可愛かった。

 

あんまりにも疲れたのでラブホテル街を背に川べりでお茶を。ファミマのジャスミン茶(100円)である。極貧。隣で氷結飲んでる知らんおっさんの方が景気が良いのではないか。ぼーっとしてたら鳩が2羽と髪がサラサラなおっさんが寄ってきた。「一期一会かと思って」と気障に誘われたので「今日はひとりの日なんで」と気障に断った。気障か?

 

漕いで漕いで帰宅。アイスとか買おうと思ったらどん兵衛の坦々うどんがまた売ってたので買ってしまった。めちゃくちゃおいしいのでみんな買いなよ。レジの女の子が可愛くてラッキー。そして疲れているはずなのにもやしも買って炒め物をした。「もやしと混ぜて炒めるだけ」みたいなやつを使ったんだけども。肉買い忘れて焼き鳥の缶詰を使ったらタレが死ぬほど跳ねて嫌になる。美味しかった。

あたまとからだ

睡眠欲、倦怠感、罪悪感、様々なものがわたしを苛む生理前。わたしが出たのは自宅だろうか、はたまた

まで下書きに残していたらそれが始まっていた。驚きなのはモチベーションの低さ。しかしいざ出血デイズが訪れると不思議なことにモチベーションが通常より上がるので、最中はそこまで憂鬱ではないといった話をこれまで幾度となく人に話している。本当に申し訳なく思っております。

 

かわいいかわいい営業のおじさんが誕生日を迎えたらしい。50歳。ちょっと空き時間があったらすぐサッカーの動画を観ている。きゅうりが嫌いできな粉が好き。嗜好が全く合わない。しかし「誕生日!」とだけ言われて諸手を突き出されては何かあげなくては、と思ったので煙草を1箱だけ買うことにした。アメスピの黄色いの。父も吸っていたけど人気なのか?人生で初めて買った煙草なので覚えておこう。

 

EOTのため東京に行ったことでも書くか。前の日の夜、とうふ第三軌条と暗いところで待ち合わせ。嘘、バスターミナルは明るくて人が多かった。卒業旅行でしょうね、と隣の薄着のデブが憶測を立てる。暖房で暑くなるくらいなら凍える方を選ぶらしい。夜行バスに山科で捨てられたトラウマを乗り越えさせることが出来て良かった。

朝着いてすぐに新大久保のカプセルホテルへ。身嗜みを完璧にした後、2時間くらい時間があることに気づく。迷いに迷った結果、新宿御苑に散歩をしに行くという若さを大阪に忘れてきたみたいな結論が出た。案の定老いた人々で混雑していたけどちらほらモクレンとか咲いてて素敵だったよ。良いね公園は。もう少し咲いてりゃもっと良かったかもね。

f:id:hozonno_hozonna:20190330234356j:image

高円寺でダンジョンのTを待っている途中、可愛らしい女の子に声を掛けられたやったねと思ったらかねきさいりさんだった。逆ナンではなかった。タッグの相方である蛇口捻流くんを待っていたらしい。彼が来てくるパーカーの色を予想するなどしていたが、先におもしろびっこが来たので退散。カウンター席しかないうどん屋さんのうどん美味。

“時事・芸能が出たらとうふくんに任せる”という示し合わせだけした予選が始まった。自分がそんなにウケた感じも無かった、手数を出せている感じも無かった。パートナーの答えで笑うのは笑い屋みたいでダサいかな、と思ったけどやっぱりとうふくん面白くて笑っちゃったよ。画像お題の「いってきまーす」とか。彼のおかげで本戦進出できたようなもの。10ヶ月ぶりのハイタッチを決めて記念撮影。

“御為倒し”という名前はわたしが決めた、このEOTが開催決定を打ち出したときに『獣ゆく細道』が流行っていたことによる。雑な提案をしたら通ってしまった。記念撮影のポージング、ちょっと寄せたので楽しみにしている。

敗退したりすごい人に話しかけてもらえたりカレー食べたり喫茶店に行ったりしたら終電を逃した。死にそうになった。感情が。新宿から東京駅がこんなに遠いとは。泣きながら彷徨った大都会。充電も切れそうになってワッフルのカフェに飛び込んだ。

各方面に連絡したりされたりしていくうちに「あ、もう十分生きたしなあ」という気分にもなったが何とか今も存えている。厚かましく使ひ込むで返そ。乗車券は買い直さなくて良い、という知見も得たし。

 

 

 

 

 

ロイヤルミルクティーショコラ

マーチも中盤に差し掛かったというのにひどく寒い朝が2、3日あった。裏切られた気分。また今年からお目目がかいかいになってしまったのでどうやら花粉症のような気がする。feel like hay fever。花粉症って英語でこう言うらしいけど、なんかえらく陽気で春の病って感じだな。専務(花粉症でない)が、今年花粉症になった上司に対して自己管理が云々みたいな信じられないことを言っていた。こういうのを神様は見ておいてほしい。

 

明らかにメンス前といった感じの体調で何をするにも頗る怠い。脳内でエゴラッピンもだるいって歌ってる。仕事するのは嫌だけど仕事中に穴開けるのはもっと嫌。でも泣く泣く健康診断に行った。

35歳以上の人は眼底検査だのエコー検査だのうんこチェックだのあるらしいが、26歳のワイ将は事前に3行ほど問診を書いてピスを出せばそれでOK。検便ってやったことないけどみんなそんな自分のタイミングで排便できるものなのか?とメンス前はがっつり便秘になる26歳は思う。

血圧。上106の下65。可もなく不可もなし。

採血でアホみたいに血を採られるのにももう慣れた。嘘。絶対取りすぎ。献血の採血はそんなに採らなかったぞ。

 

身長体重腹囲などを測ったら鼓動を大きく聞かせて終了である。簡単なものだ。着実に痩せているらしい。やったなおい。検診があるので朝ご飯を食べられなかった分、事務所に戻ってむしゃむしゃと炭水化物を貪った。貪ってたら新人(39歳)が「検便出なくて来週提出になっちゃいました〜〜」と要らぬ報告をしてきたのだけど、本当に前職が飲食店か?

 

終わって夜にスレッジハンマー安藤くんとカレーをご一緒した。5歳も上だというのに“最寄り駅の1つ手前で降りてしまう”という、今考えても我ながら意味がわからないミスをする。どうしても夜カレーとなるとお店がワンパターンになってしまう。カレー好きとしては惜しいところである。「僕カレー初心者なんで……」と言われて風俗みたいだなと思った。抜きなしカレーツマミ酒あり。お互いのユニットライブの話など。

 

chibi

ご拝読なさっている皆様、TSUTAYAはお好きでしょうか。そうですか。わたしは好いております。

Apple MusicだのAWAだの何だののこのご時世にわざわざ帰り道を変更してCD5枚1000円で音楽を入手する。何年前に買ったか忘れたウォークマンにかっちんかっちん音楽を取り込んでもらい、読み込みの合間にあまり読んでなかった漫画を読む、そんな時間も含めて好きだ。

 

初めて働いた場所はTSUTAYAだった。地元の、狭小な。2年ほどアルバイトとしてレジを打ったりCDを元の棚に戻したりしていた。元々彼と元々々彼はかつてのそこの先輩だ。高校の時の友達にそこを紹介したりもした。わたしが辞めた後もしばらく夜勤で頑張っていた翔世くん元気かな。余談ですがあなたは元々々彼がmixiでの交際報告だか結婚報告だかに「ブス専」とコメントされていたのを見たことがありますか。

ともかく人格形成を語る上でTSUTAYAは欠かせない。未だに陳列とかで違う場所にあったりするとわざわざ戻しに行ったりする。もう働いてはいないのに。

 

そんな調子なので、いざ取り込もうというときに「この“レンタル専用”のハンコ手についたら全然落ちんかったな」「読み取り面傷まあまああるぞ、研磨機かけとけよ」など思い出がうるさく語りかけてくる。THE KIDS/Suchmos、√5/BARBEE BOYS、海のOh,Yeah!!/サザンオールスターズ、ハチミツ/スピッツを借りた。新旧織り交ぜている。特に自分の音楽の趣味に関して形容する言葉を知らないが、大雑把に言うと短調が好きなのである。しかし短調がやや専門用語なのでかなり人に理解してもらうのに狼狽する。それでも面倒なときは「暗い曲が好き」と雑に言うのだが、この言い方はあまりに乱暴だからだ。ポルノグラフィティで言うとアポロ、アゲハ蝶、メリッサ、Mugen、この辺全部短調だけど暗くはないだろう?そういうこって。

 

あ、これ乱暴に言うとブログじゃないな。

桜木花道

あたたかい、明日は休日、こんな日にはわくわくした気持ちが熱した玉蜀黍の様に次々と弾ける。天気も良い。何をすべきか。趣味だ。オンオフをはっきりさせてこそ社会人だとよく耳にする。まあ16時に上がって一旦帰宅して19時のイベントに参加できる社会人は稀有だと思うが。

雑にホワイトデーのお返しを食べ(ねんりんやの白いバウムクーヘン胃もたれへの架け橋か?)雑に柄シャツを着て、自転車を漕ぎ、途中堀江辺りでお洒落に轢かれそうになりながらも命からがら日本橋へ。堀江って信号少ない。

 

オオギリバッティングセンターに来た。先に言うと今まで来られなかったのを悔やむくらいには楽しかった。1題7分6人で、1題ごとにすぐローテーション。受付のときにもらった番号で呼ばれるのでいちいち奇を衒ったHNなぞ名乗らなくても良い、初心者にもやさしいシステム。今回24人集まったのは多い方らしく、それなのに円滑に進んだのは事前の説明がきっちりしていたからだと思う。

司会のポンこつさんが試しに1題回答してたのを見て「ポンちゃんくらいならもっとしっかり笑いを取れるはずなのに、ここで変にしっかりしたボケを出さずに小笑いくらいに留めておいてハードルを下げると同時に親しみやすさもゲットする丁度良い回答だ〜〜!」と感心した。歴が長いと分析力が出てくる。

 

知らない人も知ってる人も面白くて世の中にはまだまだ面白い人がいるのねえ、と思ったのも束の間お題の難易度がだんだんと上がっていることに気づいた、【「こんな医者は嫌だ」調子が悪いときのバカリズム「○○○」】など。これ初心者にも優しい、みたいなコンセプト少しはあったはずだろ。それでも皆食らいついていた。何かが鍛えられている。

早めに行ったので5回することができてお得だったが、番号はシャッフルじゃないので横並びの人の大喜利を見ることができなかったのが辛かった。またわたしの前後が卵焼兄妹さんととうふくんなんだよ。運命ってやつは。

 

終わって知らない人たちに「この回答とかめちゃくちゃ面白かったですよね!?」と話しかけたい(今回もまじめにメモをとった)気持ちがあったものの、それがきっかけで二度と来なくなるリスクを考えて思いとどまった。何回か行って顔見知りになろう。

 

 

ロックスター

大喜利に行ったり行かなかったり、仕事に行ったり行ったり行ったり行ったり。そのくらいが丁度良いのかもしれない。とか前置きしておきながら次の段落(段落してないけど)で大喜利の話してたら笑うよね。

 

BB大喜利に行った。京都に行くのは先月のURRAIぐらんぷり以来。言っても1ヶ月なので、頻りに訪れているなあと感じる。珍しく阪急で赴き、河原町で貯蓄アンドザシティさんとカレーを食べた。思いの外待った分カレーの美味しさも一入、という感想を言うのも躊躇われるくらいギリッギリの時間に店を出て、早歩きと小走りの中間くらいのスピードで会場に向かった。貯蓄さんが京都の地理に明るくて良かった。

今回も今回で大はしゃぎさせていただいた、つくづく楽しい大喜利イベントだこと。投稿もしてないのに尋常じゃないくらい受け入れていただいている。人にも褒められた。惜しむらくは今回も3位だったこと、肌の調子がまた思わしくなく化粧が出来なかったこと。化粧は楽しいのに。また行こう。歓談もそこそこにそこを後にし、ずっと行きたかった喫茶店で少しだけ寛いだ。絶対にまた行こう。用事を入れるには京都は少し遠いけど。帰阪してダンジョンのTに構ってもらうなどした。

 

未来杯もあった。今度の大喜利は滋賀だ!もっと遠い。わたしとしたことが昼得切符を往復で買うのを忘れており、往路の四桁の乗賃に蕁麻疹が出そうになった。昼飯はいかがしようかねと会場近くのケンタッキーに行くと見知った顔が。ダンジョンのTだ。逡巡なく向かいに座ることが出来る間柄の奴がいるのは有り難い。ツイスターを食べた。

ブロック3位と書くとやや見栄えはするが所詮初戦敗退。いい加減決勝(あ、FINALか)に行きたいもんで。終わってさっさと出ようとしたら傘を忘れる体たらく。でもかなり綺麗にメモを取ったぞ。それが何だ。ブログ書きましたよザキさん。

 

例年、3月頃から忙しくなってくるはずなのだが、どうしたことかその気配があまり無い。みんなどしたの。まあ忙しくなっても殺意と残業が増えるだけなのでいいんだけど。ブロック3位の醜女に自尊心などは無い。周りに合わせて不機嫌な態度を取るのも憚られるので、せめてにこやかに、とは心がけているがうまく表情筋を操れている気がしない。物心ついてから表情筋がうまく操れない。言うこと聞いてもらうのにバッジとかいるの?

 

ここ最近は人と2人で遊んだりお茶をしばいたりする機会に恵まれている。有り難いことにお誘いも受ける。肌が全快したので結構どこでも行くぞオラオラ。

 

ラクレット

電車の中というのは、掌の中で収まる作業をするのに御誂え向きね。こんな寒い季節だから特にそう思わされる。

 

近頃は本気の冬すぎて何をするのも嫌だ。何と形容したら良いか決めかねるが、泣きそうな空気が外に充満していて皮膚を包み込むように刺すような、要するにゲボ寒い。何度もブログの冒頭で述べた通り冬は嫌いだ。余談だが最近『中央分離性感帯』というタイトルに自分でびっくりしちゃった。しかし無情にも会社に行かなくてはならない。

 

弊社はバレンタインデーという因習にとらわれているため義理チョコでも買いに行かなくてはならない。これが如何に憂鬱か、考えるにそう難くないと思うのでいっしょに考えてみてほしい。

一年に一度百貨店に赴く。近年チョコレート売り場でやれソフトクリームだのやれパフェだの売るもんだから人が多くて仕方ない。わたしだってもしそれで済むならまるしげで呼吸チョコを買って一粒一粒配り歩く逆虚無僧になりたかったのだがそうもいかない。ちゃんとした値段のチョコレートを買わざるを得ない。しかしながらお返しが呼吸チョコ×3粒だったりするんだよな。お前のパソコンの上で食うぞ。

 

マイドン会に参加した。開催場所がどう見てもマンションの一室だったため、誰か任侠道に励まれているのかと思ったがそういうことでも無いらしい。入ったら普通のワンルームにテーブルと椅子が並んでいた。いろんなレンタルスペースがある。なかなかご機嫌に大喜利させていただき、早くも次回開催を楽しみにしてしまった。最近始めた人、みんなが面白すぎることだけいただけないね。

 

恋のツキ6巻を漸く読んだ。つらい。

 

肌が治ったと思ったらまた病院に行かなくてはならなくなった。朝なんとなく目にコンタクトレンズを入れると、右目は理想の視界、左目はいつもと変わらず。コンタクトの度数は-6.5。視界が変わらないということは有り得ない。

仕事をぱぱっと済ませてかかりつけの眼科へ行った。誰もバレンタインの昼過ぎに眼を診てもらうことは無いらしく、1人きりだった。視力検査と眼圧検査(ぷしゅってされる、苦手)を受けた。裸眼の視力を15年ぶりに測られる。0.03。コンドームか。実際、一番でかいランドルト環を見えないと言った結果なので多分これ以上下が無いのだろうが実際0.01もあるかどうか怪しい。オカモトゼロワン。あ、両目とも異常無しでした。眼を大切に。

 

ミナミからキタヘ。緯度を上げる。今度はレディースクリニックだ。平たく言うと婦人科。ツイッターで書くのは憚られることを書くのがこのブログ。1年ぶりくらいに膣カンジダになってしまいました。下の唇がヒリヒリでね。誰もバレンタインの夕方から人に股座を見せつけたくないらしく、受付してからすぐに呼ばれた。推しの先生がいなく残念。処方箋含めて3000円近く飛んで憂鬱になった。

 

母の誕生日を迎えたので、実家へ。2月はバレンタインとこの日があるので財布に優しくない。