読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼印

手袋…なくした…!!!!こんな冬に…!!!!!かたちんばになってしまった。新しいのを買わないと。死ぬ。

何故か手が荒れたことがない。脂性ではあるがそこまでだろうか。人から「きれいな手やね」と言われた時は「働かない人の手ってことか」と思うようにしている。

 

朝の余裕のないときにうっかり4駅寝過ごしてしまって肝が冷えた。雨の中すごく真剣に歩いた。傘とカイロを同時に持った。

 

部下に1日に1回は絶対に注意や説教をしてるのだがここ最近とみにひどく、わたしの直属の上司が口をきかなくなってしまった。何かやらかしたときはすぐに謝ってくれってあれほど言ってるのにな。

だいたい今わたしが部下に説教してることと子供の時親に説教された内容が結構かぶるのでだんだん辛くなってくる。物心ついたあたりからこの遺伝子は絶対後世に残すまいと決意している。それでも何とか人にそこまで怒られたりしないのは親のおかげなんだけども、いやもうやめよう。

 

どうにもならないことを考えていたら寝てしまった。起きたら19時だった。ザンギリの開始時間は19時。遅刻!

いつも通りゆる〜い感じでした、主催2人(ポンコツさん太郎とワッツ)が一番めちゃくちゃやりたい放題やっててバカだなと思いながら大喜利してきた。全然面白いこと浮かばないので詰んでいる。

 

 

 

こごみ

朝からびっくりするほど寒いのに、カイロはおろか手袋も忘れてしまった。ぬかりまくった。ポケットに手を突っ込んで歩くと手が振れないので体は冷えたまま。眠たいから歩いてるけど目は閉じたまま。

 

現場で動いているおじさんが眠たいと言いながら事務所に入ってきた時、わたしが「眠たいんですか?」と言いながら刃物や鈍器を手にするという不穏なノリがある。おじさんは50歳。愉快な50歳だ。

 

お昼からの追加を取りに来たお客さんが、支払いが終わったのに事務所に戻って来て「荷物はどこに置いてくれてるんですか?」と聞くので店の前を探してみても見当たらない。じゃがいも一ケースだけなのでお客さんに持って帰ってもらうだけのはずなのだが見当たらない。

営業に電話したら用意するのを忘れていたという。じゃがいもの箱ばっかり積んでるエリアに行き、指定されたサイズのじゃがいもを取り出そうとするもそのじゃがいもはちょっとだけ奥にあり、手前には南瓜の箱の山とフォークリフト。その二つの隙間は30cm程である。お客さんと自分の厚みを見比べる。行くしかない。

半身なら何とか入るので全身を躍動させ箱に手を伸ばす。158cmが全力で腕を伸ばしてやっと届いたはいいが、一ケース5kgなので腰への負担が尋常じゃない。うっ…!!と呻きながら腰を捻りお客さんへとパスした。若くて良かった。

 

帰りの電車で環状線に乗るとすぐ微睡んでしまう。そしてぐるぐる何時間でも回る。今日は二周いってしまったらしく、目が覚めたとき腰が「良い加減にしろ」と言っている気がした。大切にしてやらないと。

 

最近弟が夜勤に入っているので家帰っても寝ていてつまらない。

CAT

昨日?UPs大喜利ライブでした。こてんぱんに心がやられてしまったので隅っこの方でおとなしくしてた。大喜利メモを番茶が飲みたいさんに拾っていただいてとてもありがたいけどとても恥ずかしい。余談だけど番茶さん背中めちゃくちゃきれいだった。

 

暇週に突入してしまった。暇だし寒いし営業は風邪引くしかなりまずい。部下がアホだから色んなことで色んな人にバチバチ怒られてて事務所が気まずい。

めちゃくちゃ足が蒸れやすいので冬場でも平気でフットカバーとか履くのだけど、お局さま方からドン引きされてしまった。足首が死んでる!とまで言われた。生きてる。

f:id:hozonno_hozonna:20170206175121j:image

 蒸れた足で玉川から本町まで歩いた。寒かったがかなり堂々と歩いたので途中からマフラーが要らなかった。スパイス食堂ニッキのココナッツ牡蠣カレー(バジルソースがけ)を食べにいった。金無い。

本町から梅田に蒸れた足を伸ばし(初乗り180円)靴を買った。今履いている真っ青なアディダスの靴底に穴が空いてしまった。歩き方にかなり難がある。新しい靴にしたときには「よし、歩き方に気をつけて大切に履くぞ!」と思えるのだがわたしは何事も長続きしない性分である。

GUで2145円で靴が買えてしまったため、せっかくなのでこの前靴底が剥がれて終わった偽マーチンの代わりを探しにいった。かなりエキセントリックな色のブーツだ。履くの楽しみ。金全然無い。

 

あんかけうどんを食べることができたのでしあわせな夜。

 

じゃがピザ

お菓子に困らない職場なので、常に会長が何か食べているし「食え」と言われる。今朝も「食え」と差し出されておまんじゅうかな?と思って口にしたら"みたらし小餅"だったので死にそうになった。簡単にいうとみたらしが中に入ってる団子だ。泣きそうになったがめちゃくちゃ噛んで飲み込んだ。

 

担当してる営業の人(40代男性)が人見知りだけど面白い人で、わたしに回す書類にバイトのおじさんの似顔絵を描いてよこしたことがある。今日はいらない紙をちぎってパチンコを作っていた。仕事してくれ。

 

部下に注意する内容が社会人のレベルに達してない。今朝は顔を洗ってないことでほぼ全員から叱られていた。信じ難いがこれで2回目だ。目脂が決め手となっていた。

わたしがいつも伝票を書いてお金をもらっているお得意様にお金をもらってくるよう指示したら、お得意様から「へえ、お前が来るの珍しいやん」と言われて「はい、訓練なんです」と返したこともめちゃくちゃ怒った。お得意様、「俺練習台かよ」って怒ってたよ。やめろよ。

 

美味しい居酒屋「大漁」で楽しく話したり大喜利したりした。あんまり女性大喜利プレーヤーばっかりと絡める機会がないからとっても貴重だし、ゆる〜い感じで大喜利やって隣のテーブルのお客様笑わせたりできてよかった。

おかきさんとかと大喜利のアツい話出来たのが収穫。TEPPANの話されるのはとても恥ずかしいけどね。

 

口内炎

寒すぎて一枚着込んだ。ユニクロのブロックテックすごくあったかい。多分寝不足もあって寒さがめちゃくちゃ身にしみる。

 

節分ということで会社から恵方巻きの支給があった。平和だ。こういう時関西で良かったなと思う。豆は苦手だ。多分、前世鬼とかだったんだろう。

持って帰るのちょっと重たかったけど、よく考えたら職場で一気食いしても良かったなと思ってたら弟にも恵方巻きがあたっていた。晩御飯が決定してしまった。

 

 ホットカーペットでゴロゴロしてたら1日が終わってしまった。

明日はちゃんとしてご機嫌うかがいに行こう。

 

阿修羅姫

寒すぎて缶コーヒーを二本飲んでしまった。毎日無理矢理元気を出しながら会社に遠回りして向かっている。

 

年上の部下が伝票のミスをしたので尻拭いをしながら、内心しばき回すぞと思っていたのだが後々わたしも計算ミスしてしまった。閉口。わたしの方がいっぱい仕事できるから良いもん。

弟と目が似ていると言われて姉弟共々首を傾げている。

 

帰りも缶コーヒーを飲んでやろう!と思い職場の自販機でカフェオレを買ったらめちゃくちゃ温くて気分も機嫌も悪くなった。顔に出てたのか、電車で隣に誰も座らなかった。

むしゃくしゃしたので家を雑に掃除した。風呂のドアにカビキラーをかけて放置してお湯で流すっていうのがCMみたいに出来て感動した。ただ築うん十年の建物なので風呂場はアスファルトが剥き出し、ペンキが所々ハゲているといった具合なので家に来た人に「風呂場が終わっている」と言われたことがある。それ以来人を呼ぶのに躊躇している。

 

TEPPANに出演した。煮こごり大喜利という企画で、煮こごっている(?)大喜利プレーヤーを集めてのトーク回だった(LINEで出演依頼が来たときは詳細も見ずに快諾してしまった)。ゲストがわたし、脳髄筋肉さん、ひらたいさん、木曜屋さんで様々な「自分の大喜利のやり方や大喜利シーンについて思うこと」を話した。煮こごりの代用品として羊羹が用意されていたので容赦なく食べた。

なんか色々思うこと書こうと思ったけど、ここで書くとめっちゃいじられたりしそうだから書きません。そんな話は他所でしな。

 

 

ボトルシップ

水曜日休みがあるありがたい職場である。

なのでだいたい水曜日は昼しかやってないカレー屋とかに行ったりするのだが、ものすごく眠たくてありえないほど寒かったので昼飯をスキップした。そもそも普段働いてる時も昼飯を食わないのでちょうど良いのである。

家でゆっくりするときは小さいホットカーペットを付けて毛布にくるまっている。これが魔窟で全然出れなくなってしまう。結局この日も13時〜17時すぎまで寝てしまった。

 

大喜利大吾郎カップZチャンピオン大会だった。大層な名前だがめちゃくちゃゆるい。第10回で優勝したので出られることになった。

一回戦は川﨑でし太さんと当たって己のクジ運を呪った。第9回で準決勝で当たって負けているからである(第9回優勝はでし太さん)。ギリギリ勝った。わたしはすぐ歌詞や固有名詞でウケたがるきらいがある。大吾郎人形ルールは諸刃の刃。

二回戦はムッケン¥テーラーさん。負けた。自分でも正直びっくりした。いつの間にかポイント差で負けていた。二回戦が始まる前にムッケンさんに「思ったこと何でも言って良いんです」とあまりに投げやりなアドバイスをしたらそれを忠実に実行してくれたらしく、それで負けた。悔しい…悔しいぞ…!でも正直ちょっと嬉しかったのもある。優勝したのがこの方で良かった。

そしてまた大喜利の機会をいただいた。オファーしてくださるの非常に有難い。

 

帰りに担々麺を食べたら雨に少し遭ってしまった。