読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジカル

電車の中で変な姿勢で寝ていたのと、そもそも睡眠時間が短いので体が怠い。色々なライブに出ていることについてとやかく言われているだろうなと憂うことに対してそろそろ慣れなければいけない。

 

ただでさえ嬉しい嬉しい給料日なのに更に早く終わった。みんなゆとりがあったのだろう。昨日朗読であった、暇な人は親切だという話を思い出す。給与明細を見たら気が遠くなるくらい控除があった。やってられない。

 

難波meleにてOTO-GIRI〜乙女大喜利〜だった。永久保存以外の出演者はほぼアイドル。何ぞこれ。 客席も男の人がわんさかいた。大五郎カップもこれくらい入ってくれたらなあ。

一回戦はくぴぽの服部真希さんとだった。太ってるわけじゃないのに体のラインが出ない服だなあと思ってたらそういうことだった。今回はお題を出演者が事前に知ってるシステムで、二題ともある程度答えを用意していたけど一題で終わってしまった。と言っても一方的に点数を稼いだ訳ではなく、両者ともにガンガン点数が入ってる中なんとかわたしが勝てた、って感じだ。終わった瞬間「耐えた」と思った。

 

ハーフタイムではそれぞれ曲をやったりネタをやったりしてたのを見た。少女模型さんは初めて見たけど衝撃を受けた。りりかる*ことぱぉさんはアイドルっぽくないリズムの曲をやってて聞き惚れた。ミウ・マッカートニーさんのネタはいつも通りシモくて最高だった。

 

そんなシモくて最高の芸人さんと準決勝で当たる。光栄。ツイッターに準決勝のツーショットが上がってて照れた。やっぱり一回戦と違ってそんなに点がバシバシ入ったりはしなかったし、とても苦手な画像お題が出たので慄いたりした。1題目でめちゃくちゃ差別的な答えを出したら審議にかけられてしまった。ウケたから許してほしい。

 

決勝ではりりかる*ことぱぉさんと当たった。会場内は彼女のファンが殆どだったので背水の陣だった。採点方法が観客の印象点とかだったら負けていた。しっかり彼女もエゲツない回答でウケていたからだ。トランプ(人の方)の画像が出て「たけし軍団っぽいあだ名をつけてください」というお題が出た時はめちゃくちゃ焦った。後から見たら松尾伴内さんとかがそうなんだと知った。

自分に不利な空気の中大人気なく勝ってようやくメレのTシャツを手に入れた。準優勝商品のチューレンポートーのキャップも魅力的だったので準優勝しても良かったな、と逃げるように帰りながら思った。