読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三く

一番好きだったバンドが終わる、ということがまたあった。20歳の時に東京事変解散を知って以来だ。それと同時に部屋の時計が正しく動かなくなったことに気づいた。少しずつ遅れていっているようだ。

0.8秒と衝撃。は一番好きだった。自分にとって魅力的な音楽ばかりだった。POSTMAN JOHNやビートニクキラーズあたりは何回聴いても体が強張る。好きだった。

 

久方ぶりに出勤したら"無欠勤なことだけが取り柄の"部下が休んでいた。風邪だ、と出勤時間10分前に連絡があったそうで。大莫迦野郎。わたし含め全員が欠勤理由を信じていなかった。

 

お土産を沢山もらった。島根のひょっとこの顔のお饅頭が可愛かった。ゴールデンウイークはどこも行っていないと嘯いた。お土産買って配るの苦手なんだもの。

 

前日惰眠の限りを尽くしたのでちょっと調子に乗って自主残業しちゃった。まあ事務所の整理くらいしかしてないんだけど。今日は掃除要員が1人いなかったので社長も手伝ってくれたんだけど、今日限りなのだろうなと思うと悲しくなった。一方でわたしは掃除に取り掛かろうとすると仕事が発生したりして全然手につかなかった。

 

帰りに和印食堂 gu-teにより、無茶な量のカレーを食べた。腹ごなしに西梅田の辺りを歩いた。広場みたいなところで若い女が暗いのにダンスの練習をしていて、蛆を見たような気持ちになり目を逸らした。